筋力低下
筋力低下が原因でお悩みの方へ

木更津で整体を初めて18年、信頼あるクダカ整体院

筋力低下
筋力低下が原因でお悩みの方へ

木更津で整体を初めて18年
信頼あるクダカ整体院


このような症状はありませんか?

 

  • 箸やペンを握れなくなったり、腕が上がらなくなった。
  • しゃべりにくくなったり、食べ物が飲み込みにくくなった。
  • 顔や手足の筋肉が小さく痙攣することがある。
  • 最近手足の筋肉が痩せたと感じる。
  • 階段や坂を登ったり降りたりするのが億劫になった。
  • どちらかの足の力が弱くなったり、突っ張りがあり、歩きにくくなった。
  • 重いものが持てなくなった
  • 舌が思うように動かず話しにくい。


このような症状はありませんか?

  • 箸やペンを握れなくなったり、腕が上がらなくなった。
  • しゃべりにくくなったり、食べ物が飲み込みにくくなった。
  • 顔や手足の筋肉が痙攣することがある。
  • 最近手足の筋肉が痩せたと感じる。
  • 階段や坂を登ったり降りたりするのが億劫になった。
  • どちらかの足の力が弱くなり、歩きにくくなった。
  • 重いものが持てなくなった
  • 舌が思うように動かず話しにくい。

筋力低下について

気をつけていても加齢とともに身体活動が低下してきます。平均寿命が延び、高齢者人口が増加する中、
いかに自立した生活を送れる体力を保っていくかが
誰しもの願いです。
一般的に体力は20歳代でピークに達し、その後は徐々に低下をたどり、健康な方であっても、高齢期には急激に低下が進行すると言われています。
そして大事なことは、筋肉は「使えば発達し、使わなければ衰退する」という生物学な原則があり、日頃の状況によって個人差が生じてくることです。
特に高齢者においては、その影響が大きく、身体活動を積極的に保っていくことが筋肉量の維持向上に大切になってきます。

筋力低下の主な原因について

運動不足

運動が筋肉に及ぼす影響は若者の方が大きいといえますが、運動不足は高齢者にとっても深刻です。高齢者が運動不足によって失う筋肉量は比較的少ないのですが、歳をとると筋肉を増やすのが難しくなり、生活の質に大きく関わるからです。

栄養不足

エネルギーが不足していると、栄養を取りこむために筋肉が分解され、筋力が低下してしまいます。これは食事制限によるダイエットにもいえることで、食事制限によって栄養不足に陥ると筋肉量が低下し、太りやすく痩せにくい体になってしまうのです。

ストレス

ストレスは、筋力を低下させる原因のひとつでもあります。強いストレスを感じ続けると、コルチゾールと呼ばれるステロイドホルモンが分泌されます。このホルモンが過剰に分泌されると筋肉が分解され脂肪へと変わってしまうのです。

加齢による低下

筋肉量は、20歳をピークに徐々に低下していきます。50代以降の筋肉量の減少は顕著です。筋肉量が低下することで、筋力の低下や基礎代謝量の低下が起こるため、現在は高齢者にも定期的な運動が推奨されているのです。

病気による低下

筋萎縮をきたす疾患には数多くの病気があり、頸椎症のように一般的な物もあれば中にはALSのように重篤なものもあります。鑑別診断には専門的な知識が必要ですから、神経内科を受診されることをお勧めいたします

足をよく組む

脚を組んで座ると骨盤は斜めに傾き、さらに捻じれた状態になります。すると、筋肉はこの状態のまま体を安定させようとするため、足を組まなくても骨盤のゆがんだ状態がキープされてしまう可能性があります。

バッグを片側だけにかける

一方の肩にだけバッグをかける習慣があると、体はバランスをとるために重さのかかっている肩を持ちあげようとします。そのため、バッグを持たないときも片側の肩が上がった姿勢になりがちです。

ストレス

ストレスは、筋力を低下させる原因のひとつでもあります。強いストレスを感じ続けると、コルチゾールと呼ばれるステロイドホルモンが分泌されます。このホルモンが過剰に分泌されると筋肉が分解され脂肪へと変わってしまうのです。

加齢による低下

筋肉量は、20歳をピークに徐々に低下していきます。50代以降の筋肉量の減少は顕著です。筋肉量が低下することで、筋力の低下や基礎代謝量の低下が起こるため、現在は高齢者にも定期的な運動が推奨されているのです。

病気による低下

筋萎縮をきたす疾患には数多くの病気があり、頸椎症のように一般的な物もあれば中にはALSのように重篤なものもあります。鑑別診断には専門的な知識が必要ですから、神経内科を受診されることをお勧めいたします

筋力低下が引き起こす主な疾患

  • 廃用症候群

廃用症候群とは、病気やケガなどの治療のため、長期間にわたって安静状態を継続することにより、
身体能力の大幅な低下や精神状態に悪影響をもたらす症状のことをいいます。
廃用症候群の進行は速く、特に高齢者はその現象が顕著です。
1週間寝たままの状態を続けると、10~15%程度の筋力低下が見られることもあります。
さらに、気分的な落ち込みが顕著に現れてうつ状態になったり、
前向きに取り組むやる気が減退したりと、精神的な機能低下も見られます。

 

  • サルコペニア

筋力などが顕著に低下し、このままいくと寝たきりになる可能性が高い状態を言います。
加齢や、何らかの疾患により筋肉を動かす為の司令を伝える上位運動ニューロンや
下位運動ニューロンの損失や神経筋接合部の変化、ホルモンの機能低下など様々な原因があります。
なので、いま現在具体的な改善方法は見つかっていません。

  • 運動器症候群

運動器症候群とは筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板といった運動器のいずれか、
あるいは複数に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態をいいます。
進行すると日常生活にも支障が生じて、介護が必要になるリスクが高くなります。

 

  • 骨粗鬆症(こつそしょうしょう)

骨粗鬆症患者は骨の脆弱さのみでなく筋力も低下することで発症することが分かりました。
筋の瞬発力、持続力が低下すると転倒の危険性はもちろん増します。
骨粗鬆症は骨だけが弱くなっている病気では無く筋力低下によっても起こる病気のようです。

  • 腰痛

筋力が低下してくると日常で良い姿勢を保つためには
身体の筋肉を使って良い姿勢を保とうとしますが、筋力が低下してくると良い姿勢を保とうにも
余計に筋肉に負担が掛り腰痛などを引き起こしやすくなります。


肩こり・腰痛・頭痛・めまい・むくみ・慢性疲労

冷え性・寝違え・四十肩、五十肩・不眠症・重度の生理痛・更年期障害
ヘルニア・坐骨神経痛・ぎっくり腰・膝の痛み・筋力低下・産後の骨盤矯正
身体の「ゆがみ」「痛み」「シビレ」でお悩みの方、お任せください。