腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア
腰にお悩みを抱えている方へ

木更津で整体を初めて18年、信頼あるクダカ整体院

腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア
腰にお悩みを抱えている方へ

木更津で整体を初めて18年
信頼あるクダカ整体院


このような症状はありませんか?

 

  • 初期の症状に腰の激痛を伴う痛みがある。
  • 顔や手足などの発汗が多い
  • 腰から脚に向かって痛み・シビレがある。
  • 股関節に違和感・痛みがある。
  • 立ち上がる時に痛みが出る。
  • レントゲンを撮っても異常がないと言われた。
  • 立ち上がるのが困難である。
  • 長距離の運転ができない。
  • 激痛やシビレで歩行が困難である。
  • いろいろと改善に努めたが全く効果がない。


このような症状はありませんか?

  • 初期の症状に腰の激痛を伴う痛みがある
  • 咳・くしゃみをしたら腰に激痛が走る
  • 腰から脚に向かって痛み・シビレがある
  • 股関節に違和感・痛みがある
  • 立ち上がる時に痛みが出る
  • レントゲンを撮っても異常がないと言われた
  • 立ち上がるのが困難である
  • 長距離の運転ができない
  • 激痛やシビレで歩行が困難である
  • いろいろと改善に努めたが全く効果がない

腰の症状について

現代人の代表的な愁訴のひとつである「腰痛」に悩む人がとても増えています。
腰痛には2種類あり、
1つは背骨を構成する椎骨や椎間板に障害があって起こるもの。もう1つは障害がないのに起こる、はっきりとした原因がないもので、こちらのタイプの腰痛も多くあります。
多くは老化や運動不足で腰を支える筋肉が弱くなったり、長時間のデスクワークや立ち作業など腰に負担のかかる動作や悪い姿勢が要因となっているようです。

腰痛の主な原因について

腹腔内圧(腹圧)
低下による痛み

腹圧とはお腹の胃腸などが収まっている部分にかかる内圧のことです。この部分は身体を支える骨が腰椎しかないので構造的に弱く、腹圧が抜けてしまうと支えがさらに弱くなってしまうため、ぎっくり腰を起こしやすくなります。

姿勢不良による
背骨のゆがみ

正しい脊柱はきれいなS字カーブを描いていますが、背骨がゆがみ、自然なS字でなくなると腰に大きなストレスがかかります。そのため、痛みを引き起こす原因となります。

蓄積による筋肉の
疲労

デスクワークや長時間の立ち仕事などで筋肉が動かない状態が続くと、筋疲労が蓄積されます。筋肉が疲労して縮む状態だと血管やリンパ管が圧迫されたままの状態になり血液がスムーズに流れません。それが原因で、腰痛として現れます。

運動不足による
筋力低下

お仕事が忙しかったりすると、ついつい運動不足になりやすかったりします。それが筋力低下を招き、筋肉が衰えてしまいます。そのため、腰を支える力が弱くなってしまい、腰痛を引き起こしてしまいます。

姿勢不良による
背骨のゆがみ

骨盤は姿勢にとっての非常に重要な土台になります。
骨盤の周りの筋肉が過度に緊張を起こして、本来の動きができなくなったり、神経を圧迫して痛みがでたり、血液循環にも影響してきます。

スポーツや事故による
直接的なケガ

ゴルフやテニス、スポーツジムでの運動中に捻った場合や、重い荷物を運んでいて無理な体制から、腰に負担がかかった場合、また事故などで腰をぶつけたりして直接的に痛みの原因となるもの。

腹腔内圧(腹圧)
低下による痛み

腹圧とはお腹の胃腸などが収まっている部分にかかる内圧のことです。
この部分は身体を支える骨が腰椎しかないので構造的に弱く、腹圧が抜けてしまうと支えがさらに弱くなってしまうため、ぎっくり腰を起こしやすくなります。

姿勢不良による
背骨のゆがみ

正しい脊柱はきれいなS字カーブを描いていますが、背骨がゆがみ、自然なS字でなくなると腰に大きなストレスがかかります。そのため、痛みを引き起こす原因となります。

 

蓄積による筋肉の
疲労

デスクワークや長時間の立ち仕事などで筋肉が動かない状態が続くと、筋疲労が蓄積されます。筋肉が疲労して縮む状態だと血管やリンパ管が圧迫されたままの状態になり血液がスムーズに流れません。それが原因で、腰痛として現れます。

運動不足による
筋力低下

お仕事が忙しかったりすると、ついつい運動不足になりやすかったりします。それが筋力低下を招き、筋肉が衰えてしまいます。そのため、腰を支える力が弱くなってしまい、腰痛を引き起こしてしまいます。

姿勢不良による
背骨のゆがみ

骨盤は姿勢にとっての非常に重要な土台になります。
骨盤の周りの筋肉が過度に緊張を起こして、本来の動きができなくなったり、神経を圧迫して痛みがでたり、血液循環にも影響してきます。

スポーツや事故による
直接的なケガ

ゴルフやテニス、スポーツジムでの運動中に捻った場合や、重い荷物を運んでいて無理な体制から、腰に負担がかかった場合、また事故などで腰をぶつけたりして直接的に痛みの原因となるもの。

腰痛を引き起こす主な疾患

  • ぎっくり腰(急性腰痛)

骨盤を構成する腸骨と仙骨のジョイント部分が、不安定な状態です。
急性の症状の為、筋肉に炎症が起き、なったその日から2~3日の間が一番ひどく痛みます。
骨盤を支える筋肉(大腰筋)をゆるめ、骨盤を正常な位置に正すことで治癒します。

  • 坐骨神経痛

坐骨神経とは、腰⇒骨盤⇒モモ裏を通って足先まで伸びている、人体の中で広範囲に及ぶ神経です。
坐骨神経痛とは、腰椎や骨盤のズレなどにより生じた、腰部筋肉の痛みや緊張が坐骨神経を刺激している痛みです。
辛い症状の時には、夜間時に激しい痛みで眠れなくなる事もありますが、夜間の痛みが軽減することによって回復していきます。
治療法として、骨盤のズレを整え、硬くなったおしり・足の筋肉をゆるめていく事が必要です。

  • 椎間板ヘルニア

背骨を構成する椎体(円柱状の骨)と椎体の間を繋ぐ、クッションの役割を果たす繊維軟骨のことを椎間板といいます。
椎間板は外側の丈夫な『繊維輪軟骨』と、内側の『髄核』という柔らかい組織でできており、
背骨に何らかの突発的な圧力が加えられた時に、繊維輪を破って、髄核が突出することがあります。
この突出した髄核が神経根を圧迫すると腰や背中に様々な症状を引き起こします。
これが椎間板ヘルニアです。

  • 脊椎分離症・脊椎すべり症

椎骨の後方部分に疲労骨折が起きることを「分離症」といい、
分離した椎骨が前に滑った状態が「すべり症」といいます。
青少年時期に激しいスポーツをした人に多く、腰痛やしびれ、歩行障害を招くこともあリマス。

  • 変形性脊椎症・椎間板症

加齢とともに椎間板が薄くなり、椎骨にトゲのような骨の出っぱりがでてきます。
これが原因で神経を刺激して痛みやしびれが起こることがあります。
この状態が進行すると脊柱管狭窄症になる。 


肩こり・腰痛・頭痛・めまい・むくみ・慢性疲労

冷え性・寝違え・四十肩、五十肩・不眠症・重度の生理痛・更年期障害
ヘルニア・坐骨神経痛・ぎっくり腰・膝の痛み・筋力低下・産後の骨盤矯正
身体の「ゆがみ」「痛み」「シビレ」でお悩みの方、お任せください。