自律神経失調症
自律神経の症状でお悩みの方へ

木更津で整体を初めて18年、信頼あるクダカ整体院

自律神経失調症
自律神経の症状でお悩みの方へ

木更津で整体を初めて18年
信頼あるクダカ整体院


このような症状はありませんか?

 

  • 動悸・息苦しさ・胸の圧迫感を感じる。
  • 何をするのも面倒でいつも疲れを感じている。
  • ここ1年で体重が5kg以上、増減した。
  • 動悸や胸の圧迫感がする。
  • 眠りが浅く、よく目が覚める。
  • 手足が冷えることが多い。
  • 下痢傾向、または便秘傾向にある。
  • 肩こり、頭痛、めまい、腰が不安定な感じがする。
  • いつも口が渇いている感じがする。
  • いつも胃の具合が悪い。


このような症状はありませんか?

  • 動悸・息苦しさ・胸の圧迫感を感じる。
  • 何をするのも面倒でいつも疲れを感じている。
  • ここ1年で体重が5kg以上、増減した。
  • 動悸や胸の圧迫感がする。
  • 眠りが浅く、よく目が覚める。
  • 手足が冷えること、顔色が悪いことが多い。
  • 下痢傾向、または便秘傾向にある。
  • 肩こり、頭痛、めまい、腰痛がする。
  • いつも口が渇いている感じがする。
  • いつも胃の具合が悪い。

自律神経失調症について

自律神経失調症という病気は、多くの方がご存知かと思います。しかしながら自律神経失調症は正式な病名ではありません。
自律神経失調症は、自律神経のバランスが崩れつらい症状が認められることを指します。
ですから、「病名」というよりは「状態」になります。
自律神経は、私たちが意識しないでも勝手に働いてくれている神経です。
ストレスがかかったり、ホルモンの働きがみだれてしまうことで、そのバランスが崩れてしまうことがあります。するとその結果として、様々な不快な症状が慢性的に起こってしまいます。

 

自律神経失調症の主な原因について

ストレス

ストレスを受け続けると交感神経が優位になり続けてしまうため、副交感神経とのバランスが崩れてしまいます。その結果c身体の不調を引き起こしてしまい、体調が優れなかったり、憂鬱な気持ちになったりと心身症状が現れます。

生活習慣

夜遅くまで起きていて昼夜逆転していたり、不規則な時間に食事をとったり、不規則な生活が続くと、ずっと交感神経が活動的になり、副交感神経への切り替えが上手くできなくなってしまい、自律神経の乱れが起こるのです。

ホルモンバランス

自律神経と内分泌系(ホルモン)は強い関連性があります。特に女性はホルモンの変化による影響を強く受けやすいです。例えば、月経による周期的なものや、妊娠や出産によるホルモンの変化、年齢によるものなどです。

ストレス

ストレスを受け続けると交感神経が優位になり続けてしまうため、副交感神経とのバランスが崩れてしまいます。その結果c身体の不調を引き起こしてしまい、体調が優れなかったり、憂鬱な気持ちになったりと心身症状が現れます。

生活習慣

夜遅くまで起きていて昼夜逆転していたり、不規則な時間に食事をとったり、不規則な生活が続くと、ずっと交感神経が活動的になり、副交感神経への切り替えが上手くできなくなってしまい、自律神経の乱れが起こるのです。

ホルモンバランス

自律神経と内分泌系(ホルモン)は強い関連性があります。特に女性はホルモンの変化による影響を強く受けやすいです。例えば、月経による周期的なものや、妊娠や出産によるホルモンの変化、年齢によるものなどです。

腰痛を引き起こす主な疾患

  • メニエール病

メニエール病は、ストレスなどが原因となって引き起こされる疾患です。
内耳のリンパ液に異常が生じることで、激しいめまいや、片耳だけの耳鳴り、
難聴の3つの症状が同時に引き起こされます。
強い吐き気や嘔吐に悩まされる方が多く、放置すると耳鳴りと難聴が進行してしまうため、
気を付けたい疾患です。

  • 過敏性腸症候群

腸のぜん動運動の異常によって腹痛を起こし、
慢性的な下痢や便秘などの症状が出る疾患が過敏性腸症候群です。
下痢と便秘が交互に起こるケースもあります。
また、何週間も下痢が続いた後、一時的に治まったかと思えばまた再発した…
という症状を繰り返してしまうことも。
検査をしても異常が見つかりにくいという特徴もあります。

  • 神経性胃炎

ストレスや過労が原因となる胃炎が、神経性胃炎です。
ストレスや不規則な生活習慣によって自律神経が乱れると、
胃酸が過剰に分泌されてしまい、喉の詰まった感じや胸やけ、
胃痛、胃もたれといった神経性胃炎の症状が出てしまいます。

  • 更年期障害

卵巣からの女性ホルモン(エストロゲン)の低下によって、視床下部の機能がバランスを失い、
自律神経系の働きにも大きな影響が出る。気温に関係なくのぼせや冷えが見られる。
動いてもいないのに、動悸や発汗といった自律神経失調症状が表れる。
気温や湿度の変化が大きく頻繁だったときにも、自律神経系の症状がみられる。


肩こり・腰痛・頭痛・めまい・むくみ・慢性疲労

冷え性・寝違え・四十肩、五十肩・不眠症・重度の生理痛・更年期障害
ヘルニア・坐骨神経痛・ぎっくり腰・膝の痛み・筋力低下・産後の骨盤矯正
身体の「ゆがみ」「痛み」「シビレ」でお悩みの方、お任せください。