女性特有のお悩み
婦人科系の病気でお悩みを抱えている方へ

木更津で整体を初めて18年、信頼あるクダカ整体院

女性特有のお悩み
婦人科系の病気でお悩みを抱えている方へ

木更津で整体を初めて18年
信頼あるクダカ整体院


このような症状はありませんか?

 

  • 生理痛がつらい。
  • 手足の先がよく冷える。
  • 足がむくみやすい。
  • 膀胱炎になりやすい。
  • 顔や身体が頻繁にほてる。
  • 生理が不順である。
  • 便秘・下痢になりやすい。
  • 乾燥肌がひどい。
  • 動悸がしたり、冷や汗が出る。
  • 気分の浮き沈みが激しい。


このような症状はありませんか?

  • 生理痛がつらい。
  • 手足の先がよく冷える。
  • 足がむくみやすい。
  • 膀胱炎になりやすい。
  • 顔や身体が頻繁にほてる。
  • 生理が不順である。
  • 便秘・下痢になりやすい。
  • 乾燥肌がひどい。
  • よく動悸がする。
  • 気分の浮き沈みが激しい。

女性特有のお悩みについて

女性の一生はホルモンの影響を大きく受けます。
身体は常に変化し、些細なことで心身のバランスが崩れるものです。
ホルモンとは体内の臓器から血液中に分泌される物質です。
分泌されたホルモンが血液によって、全身に運ばれると特定の細胞に働きかけて、生命の維持や感情のコントロールなど体に様々な影響を与えます。
ホルモンバランスが崩れるということは、分泌されるホルモンの量が多かったり少なかったりすることや、正常なタイミングで分泌されなかったことを言います。
女性の場合、ホルモンバランスを崩す原因はストレスによるものが多いとされています。それぞれのライフスタイル、ライフステージで受けるストレスは消化できずにため込んでしまうことがほとんどですが、解消することがもっとも大切です

婦人病の主な原因について

食生活

食生活のバランスが、ホルモンバランスの安定につながります。加工食品やインスタント食品、甘いもの、炭水化物などに偏った食事には注意が必要です。バランスよく食事を摂ることで、ホルモンのバランスも整えることができます。

肥満

現代人の食生活は欧米化し、豊かになっています。摂取カロリーが消費カロリーを上回るとアンバランスに。この状態が続くと肥満に陥りやすくなります。肥満は、乳がんや子宮がんのリスクを上昇させるので注意が必要です。

喫煙

タバコの煙には200種以上の有毒物質が含まれています。これらの有害物質は肺を始め、胃や腸などからも吸収されます。また、血液に乗って有害物質が運ばれるため、子宮などの部位の発がんリスクも上昇してしまいます。

過度な飲酒

乳がんのリスクは飲酒量に比例して高くなることが確実とされています。がんのリスクの少ない飲酒量は、純アルコールにして1日10g程度。お酒は控えめにするよう心がけてください。

ストレス

ストレスを強く感じると、コルチゾールというホルモンが放出され、正常な月経サイクルに必要な生殖ホルモンを作る能力が低下します。その結果生理が来なかったり、周期がとても短くなったりします。

睡眠不足

睡眠が不足すると自律神経が乱れます。自律神経は乱れると、ホルモン分泌量が過剰になってしまうのです。女性ホルモンが過剰に分泌されると、子宮がんや子宮内膜症を起こしやすくなるといわれています。

食生活

食生活のバランスが、ホルモンバランスの安定につながります。加工食品やインスタント食品、甘いもの、炭水化物などに偏った食事には注意が必要です。バランスよく食事を摂ることで、ホルモンのバランスも整えることができます。

肥満

現代人の食生活は欧米化し、豊かになっています。摂取カロリーが消費カロリーを上回るとアンバランスに。この状態が続くと肥満に陥りやすくなります。肥満は、乳がんや子宮がんのリスクを上昇させるので注意が必要です。

喫煙

タバコの煙には200種以上の有毒物質が含まれています。これらの有害物質は肺を始め、胃や腸などからも吸収されます。また、血液に乗って有害物質が運ばれるため、子宮などの部位の発がんリスクも上昇してしまいます。

過度な飲酒

乳がんのリスクは飲酒量に比例して高くなることが確実とされています。がんのリスクの少ない飲酒量は、純アルコールにして1日10g程度。お酒は控えめにするよう心がけてください。

ストレス

ストレスを強く感じると、コルチゾールというホルモンが放出され、正常な月経サイクルに必要な生殖ホルモンを作る能力が低下します。その結果生理が来なかったり、周期がとても短くなったりします。

睡眠不足

睡眠が不足すると自律神経が乱れます。自律神経は乱れると、ホルモン分泌量が過剰になってしまうのです。女性ホルモンが過剰に分泌されると、子宮がんや子宮内膜症を起こしやすくなるといわれています。

婦人病を引き起こす主な疾患

  • PMS

月経開始の3~10日前から起こる精神的、身体的症状の不調で、月経開始に伴って症状は軽減していきます。
感じる症状は毎月違うことも多く、およそ200種類あると言われ、多くの女性を悩ませています。
20代~40代にかけて多くみられ、特に30代は症状が重いとされています。
原因は女性ホルモンが大きく関係しているのですが、
これは女性ホルモンがしっかり働いてくれている証拠でもあります。
PMSと上手に付き合っていくには症状を重くさせているストレスの軽減や
生活習慣の改善が大切ですが、もちろん施術により症状の緩和も期待できます。

  • 更年期障害

日本人女性の平均閉経年齢は約50歳。
それに伴い卵巣の機能低下などから起こる体のバランスの乱れのうち、
日常生活に支障をきたす病態を更年期障害といいます。
ちょうどこの時期は子供の自立、夫の昇進、家族の介護など特徴的な心理的変化も重なることが多く、
自律神経失調や精神的症状を出しやすいとされています。

  • 月経困難症(生理痛)

月経困難症は子宮を収縮させる物質の過剰分泌や子宮筋腫、子宮内膜症などが原因と言われており、
およそ女性の80%が何らかの症状を訴え、その半数は日常生活が困難になり、服薬をしています。
東洋医学ではツボの刺激や、お灸による温熱療法で、
へその周りや下腹部に溜まっている古い血を流すことで症状が改善すると言われています。
また、子宮すっぽり収まっている骨盤からのアプローチも大切です。
歪んだ骨盤を調整することにより排卵痛の軽減、便秘、冷えの緩和も期待できます。

  • 子宮筋腫

子宮筋腫は子宮に生じる良性腫瘍です。筋腫のできる位置や大きさによって症状が異なります。
女性ホルモン(エストロゲン)が、筋腫の発生や、腫瘍増大に関与しています。
月経がある間は、筋腫は増大しますが閉経後は、症状は軽快し、筋腫の大きさも小さくなることが多いです。

  • 摂食障害

神経性食欲不振症(食べられなくなる)と神経性大食症(食べ過ぎてしまう)の二つに大別され、
9割が女性に見られます。
また、思春期に発症することが多いので成長過程への影響も心配されます。
原因ははっきりとわかっていませんが、自分が理想とするボディイメージの為の
誤ったダイエットや受験のストレス などと言われています。
発症からの期間が長ければ長いほどダメージは大きく、中枢が乱れて器官もうまく働けなくなっています。
身体的不調だけでなく、心理的な不安や葛藤といった思春期独特の精神的な問題も関与していますので、
心に寄り添いながら治療を進めていくことが大切です。


肩こり・腰痛・頭痛・めまい・むくみ・慢性疲労

冷え性・寝違え・四十肩、五十肩・不眠症・重度の生理痛・更年期障害
ヘルニア・坐骨神経痛・ぎっくり腰・膝の痛み・筋力低下・産後の骨盤矯正
身体の「ゆがみ」「痛み」「シビレ」でお悩みの方、お任せください。